一度に大金出せますか?修繕費用を徹底チェック!

>

壁紙や床は生活の汚れが目につきやすい

床の修繕で足元に安心感のある生活を

床に割れ目やへこみがあると、生活に不安を感じてしまいます。
違和感に気づいたときに、すぐに修繕できるようにお金を用意しておくべきです。

フローリングの張り替えは、6畳分の部屋で約10~15万円、材質によっては20万円以上になります。
重ね張りなら6~10万円での工事が可能ですが、その分多少床が高くなります。

畳からフローリングにしたい場合は、材質や部屋の広さ次第ですが15~25万円かかります。
畳を剥がして劣化が見つかると補修が必要になりますので、さらに料金追加の可能性もあります。

また、張り替えを期に床暖房にするなら、電気式が25~35万円、温水式は35~40万円です。
床が劣化していなければ、直接設置できる床暖房にすると費用を大幅に削れます。

床を修繕することにより、床下の状態を点検や修繕も一緒にできるのが利点です。
家屋を長持ちさせるためにも、床修繕用のお金は前もって貯めておきましょう。

比較的安価で気分も変わる壁紙の修繕

室内の壁は、ビニールクロスのものと砂壁等の内壁タイプがあります。
壁紙をきれいに張り替えると、目の前の景色が変わり気分も明るくなります。

ビニールクロスを張り替える場合では、6畳分の部屋で約4万円~6万円ほどになります。
家具等の移動が必要だったり、壁が複雑な形状だったりする費用が追加されることもあります。

内壁をクロスに張り替える工事では、約10万円前後かかります。
直接張り替える方法と、合板等を張り付けてからクロスを重ね張りする方法があります。

逆にクロスを内壁塗装にするのであれば、費用は4万円~15万円必要になります。
クロスを剥がしてからの塗装が基本ですが、クロスの種類によって直接塗装も可能です。

クロスの張り替えは自力も可能ですが、きれいに張れなかったり剥がしたクロスの処理にも困ります。
他の修繕に比べて高額ではないので、床の修繕のついでにお願いするのも作戦の一つです。


TOPへ戻る